津島→愛西→稲沢

非核宣言地帯パート2 津島・愛西・稲沢をあるく!
3市の市長・議長が激励/スイカが絶品!

6月10日(火)
まとめ
●津島市→愛西市→稲沢コース20Km
●行進参加250名 ●沿道募金37,271円
●核兵器全面禁止のアピール」署名252筆
IMG_1086
集結地点で待っていたスイカに思わずこの表情!

津島市長さん、議長さんから「全面禁止」署名と世界大会賛同

001津島―稲沢コースの出発は、津島市役所で行いました。

集会に先立ち行われた要請では、署名、世界大会、募金など、すべてに賛同したことを要請団から報告がありました。原爆の灯に込める核兵器廃絶のみなさんの願いは、ますます意義深くなっています。などの市長議長からのメッセージが寄せられました。

平和行進を代表して、平和委員会高橋さんが6月20日も閣議決定が狙われる集団的自衛権について、「若者を戦場に送るものであり許されません。平和行進の役割は大きくなっている」と発言しました。

集会には、長崎で被爆した被爆者の松本さんもかけつけ、「みなさんの力をもらってがんばりたいです」と発言しました。

津愛西市20名すべての議員さんが、署名賛同

愛西市の歓迎集会では、堀田佐織総合支所長が歓迎のあいさつし、広島、長崎を繰り返さないこと、武力で命が奪われることがあってはならないことなどのメッセージを発信し続けることが重要となっているとの趣旨の市長メッセージが代読されました。

新婦人の矢野さんが歓迎あいさつし、愛西市で市内全学校の中学生24人を広島の式典に送り出し平和教育を進めていることや、市民から折り鶴づくりを呼びかけ47,000羽を中学生に託し広島に送ったこと、また市会議員20名全員が署名に賛同したことなどを報告し、草の根からの活動が自治体を動かしていますと発言しました。

県内通し行進を代表して板倉さんが発言。行進の輪を広げようと様々な方に参加を呼びかけ、学生時代の友人5人が行進に参加していることを報告しました。

津稲沢市長さん、議長さん、激励のあいさつに駆けつけ、一緒に歩く

IMG_0996午後15時すぎ。稲沢市役所に行進団が到着しました。市役所内に休憩の場所を用意していただき、座れるスペースも。疲れている参加者には大変嬉しい心遣い。

集会には、大野市長、野村議長がかけつけ挨拶。市長は、広島に原爆が投下される10日前に生まれたと、自身の誕生日から話しを始め「広島・長崎ではむごい亡くなり方をした。世界で内紛など大変な状況もある。しかし、平和で幸せに生きたいというのは共通の願いです。平和のために皆さん努力している。私も市民の幸せのために努力をしていきたい」と激励のあいさつを送りました。

その後、全国通しの竹田さんに賛助金を渡して、がっちりと握手。今日で平和行進最後のアーサーさんも挨拶し、市長・議長を先頭に、集結地点まで元気よく出発しました。

IMG_0675
おばあちゃんたちから折鶴を託されました。 94歳のおばあちゃんも。
IMG_0766
稲沢市役所では、冷たいお茶と休憩スペース。

歩き続けられるのは、スイカがあるから!

17時30分ごろ、行進団がJR稲沢駅にたどり着き、長かった津島~愛西~稲沢コースが集結しました。

新婦人稲沢支部の方々が地域の職場の協力をえて準備したスイカ、お菓子、お茶に参加者は舌鼓。スイカがあるから歩き通せる!との声もありました。

まとめの集会では、地域原水協の山岸さんが、29年目に突入した平和行政の市長交渉や市が被爆者へ月3,000円の補助を出していることなど、行政との取り組みを報告しました。

地域からのあいさつとして、コープあいちの萩原さんが「最年少だとは思うが頑張って歩いた。こういう活動を知らなかった。もっと広げて平和をつくっていきたい」と決意を話してくれました。

みなと医療生協の青年職員3人がカンパ隊として頑張り、署名数とカンパ額を報告してくれました。

IMG_1023
スイカを準備していただいた稲沢のみなさん

 

みなさんと一緒に行進できてとても光栄です。

10日で行進を終えるアーサーさんからメッセージです。

IMG_1102

 

“グアムと日本の人々のこれまでのたたかいと、いまも続いているたたかいの経験から、もっと多くのことを学びたいと思っています。平和という美しい精神を持っているみなさんと一緒に行進することができて、本当に光栄に思います”

*津島市役所ではすべて日本語で挨拶していました。

IMG_1199

 

iine2フェイスブックに寄せられたコメントを紹介します。

母が千秋に入院中です。この日のために一緒に折った千羽鶴を手に、平和行進をお出迎えしたと、嬉しそうに話してくれました。久しぶりに、イキイキと話す母を見た気がします。
平和へのねがいを込めて折った鶴たちが羽ばたいていくといいね。みんなの戦争はしたくないっていう声が、国の偉い人に届けばいいねと、今日は平和行進の話を何度も何度も話してくれたことが、嬉しかったです。母をしたまで連れていってくださった看護師さんにも感謝です。