名古屋市役所→西春駅、あま東部、豊明

黄門様、美濃路を行く清須市長・議長が行進参加!
作業所の仲間も歩く豊明コース

6月6日(金)
まとめ
●名古屋市役所→西春駅コース20Km 行進参加 150人
「核兵器全面禁止のアピール」署名351筆 沿道募金42,320円
●あま東部コース 参加 51人 ●豊明コース 参加91人
IMG_9284
清洲城 信長像とアーサーさん

平和への熱い思いが天気予報を変更。快晴!名古屋市役所から行進出発!

IMG_8559出発集会では、あいち平和行進を代表して愛労連の榑松議長が安倍政権の暴走のもとで、今こそ平和行進が求められていると挨拶。

コース実行委員長の大長さんが「戦争に向かう安倍政権に退場してもらうためにも、人々の平和を守る気持ちを奮い立たせられるよう平和行進を進めよう」と行進を激励し、名水労加藤書記長と名古屋市職労橋口書記長がそれぞれ、市民の生活をまもるためには平和が基盤。二度と市民を戦場に送らないために取り組んでいきたい、とあいさつ。

愛友会の堀副理事長をはじめ、3人の被爆者が参加し行進を応援しました。

IMG_8765
今日もギター、ドラムでにぎやかに

清須市長さん、議長さんが歓迎 行進にも参加

IMG_9003午前中最後の休憩場所の清須市役所では、清須市のマスコットキャラクターきよ丸くんとうるるんの出迎えがあり、参加者もこぞって記念撮影をしていました。

集会では、清須市からは市長と市議会議長による歓迎の挨拶。

加藤市長からは、平和行進の参加者に対する心からの敬意が述べられ、こうした活動によって、核兵器や戦争のない世界という人類の共通の願いが、少しでも前進すると考えていることが語られました。また、清須市では毎年8月を平和月間と位置づけ、様々なイベントをおこなう計画があることも発表し、会場は大いに沸きました。

伊藤議長からは、核兵器が69年経った今でも無くなってないことは驚きであるとともに、なくすことが世界人類の望みであると熱く語られました。その後、市長と議長は平和行進団と一緒に歩きました。

IMG_9179
清洲市長さん、議長さんも行進とともに歩きました
IMG_9340
清洲城の前に全員集合!

名称未設定 1お昼休憩の清洲ふるさとの館では、水戸黄門の人形劇が地域実行委員会のみなさんにより開演。

安倍之代官を黄門様が成敗する内容に参加者は大喝采。清洲城からは出陣太鼓が送り出し。

 

永遠の塔で休憩し、西春駅西公園で集結

広島からもらった原爆の火を灯し続ける永遠の塔で休憩。

北名古屋市の教育長吉田文明さんが平和夏祭りや中学生を広島に派遣するなど取り組みの紹介をし、行進を激励。

終結地点の西春駅西公園では、コープわかやまの林さんが、午前中に行った名古屋市、愛知県要請について「市・県と平和を願う市民の思いとの温度差を感じた。粘りづよく働きかけないと」と感想を話し、頑張って歩きたいと抱負を語りました。

iine3●「なんだこれ」と行進を見に家から出てきたお母さん。行進の趣旨を説明すると「核兵器いらない」と家族分を署名。
●訪問したお宅のおばあちゃん。長崎と広島で二度被爆した友人がいて、原爆についてよく聞いていたと家族3人分の署名と1,500円をカンパ。

幹線コースへ合流 2年目のあま東部コース

予定時刻を遅れて大治町公民館前を19人で出発したあま東部コースの行進。

休憩のあま市甚目寺庁舎では昨年に続いて横井市議会議長が激励のあいさつ。「日本は核兵器のモルモットにされた。核兵器廃絶の大きな声を出せるのは、唯一被爆国の日本」と核兵器のない世界への願いを語りました。

甚目寺庁舎からは32人が歩き、歩けない人たちは沿道で「No! NUKES」の小旗で出迎えたり、差し入れをしたりと行進を盛り上げました。あま東部コースは去年より微増とはいえ、51人の参加で終えることができました。

豊明コース 市長さんからメッセージ、小学生からも声援

image004出発集会では豊明市長からコメントを頂きました。

その後、通し行進者の田中詔子さんがあいさつ。うたごえにのせて出発。ゆたか福祉会・各作業所の仲間たちも“歩きたい!”との思いで一歩一歩行進をしました。

途中、通過した小学校では小学生が出迎え、手を振って行進を見守る場面も。

集結地点のコープとよあけ店では、職員の方たちが「お疲れさま!」と迎えてくれ、店内を行進しながら集会室へ。店長さんもいっしょに最後まで行進しました。

まとめの会では、参加団体で交流し、最後にみんなで「心をつなごう」を大きな声で歌い終了しました。

自治体訪問報告

・豊山町は、去年平和首長会議に加盟したことや原爆パネル展を8/1-15に開催し、折り鶴や感想ノートを設置するとのこと。ペナントの購入とカンパも頂きました。

・今年から行進日と別日に訪問を実施した小牧市。事務局の方と懇談し、7日には挨拶に来ていただけるとのことでした。