半田→大府

平和ちんどんも行く、知多の道
東浦町長が議会の合間を縫って挨拶!

6月4日(水)
まとめ
●半田市役所→大府市役所コース15Km
●行進参加 250人 ●沿道募金 51,064円
●「核兵器全面禁止のアピール」署名 271筆
IMG_7595
アーサーさん、太鼓でノリノリ

日本で初めて非核平和都市宣言をした半田市から出発!

IMG_7626半田市役所での出発集会。藤本副市長さんよりアピール署名をいただき「半田市を出発の市としてくださってありがとうございます。毎年平和のために一定の事業をとりくみ、広島・長崎の式典にも参加しています。核兵器廃絶と平和のため大切な行進です」と力強い激励の挨拶。半田市議会議長さんからもメッセージ。

あいち平和行進を代表して自治労連の林書記長さんが「人道的にも核兵器は問題であり、核兵器廃絶を多くの国が賛同している。今後は半田市のように自治体と議会の協力がもっと必要となる」と自治体と共に取り組む意義を強調。

平和ちんどんの皆さんがリードし賑やかに行進が出発しました。

お昼の休憩。東浦町長さんがどうしてもと駆けつける

IMG_7939お昼休憩の東浦公民館では、町長さんが議会で来られず、総務課長さんが挨拶、町長さんからのアピール署名を頂きました。

昼食を食べ終わった頃、どうしてもということで、神谷明彦町長さんが挨拶に駆けつけてくださいました。「核兵器も戦争もない世界は一日にしてできない。皆さんのように地道にしっかりと訴えていくことが大切」と心のこもった挨拶に参加者が拍手でこたえました。

東京、大阪、わかやま、京都、そしてグアム

IMG_7952

東京から竹田さん「4才の時出兵した父がなくなった戦災孤児。日本の起こした戦争に赤紙一枚でかり出され、戦争で亡くなった人より病死の人が多かった。世界から核兵器をなくし、紛争でなく話し合いで解決する世の中をつくりたい」

大坂から田中さん「愛知に入ってから若い人が募金隊をする姿、桜丘の歓迎には涙が止まらなかった。素晴らしい人たちにたくさん出会えて、こうやって平和活動するのだなと勉強している」

京都から行進に参加した久永さんは「愛知の楽しい行進を体験しに来た。アーサーさんが歩き、平和を発信している。私も世界に発信してきたい」と感想を話していました。

グアムから参加したアーサーさんは「グアムには米軍基地が多くある。平和行進を参考にして米軍基地を撤去するよう運動をしたい。この参加させてもらえて感謝している」と話し、平和への思いが一つになった集会となりました。

まとめの集会では、行進を支えるカンパの呼びかけを募金隊の青年が行い、なんと20,792円のカンパが集まりました。

参加者からは「米軍基地が愛知県にあったことを知らなかった」などの声があがるなど、学びのコースともなりました。

被爆者から激励も

DSC08755まとめの集会では被爆者の下春さんも駆けつけました。

「被爆者は大府に15人。昨年食道ガンを患い、以前は歩いていたが、もう歩けず、残念。みなさんに期待しています」とメッセージ。

 

今日の差し入れ

IMG_7712知多中央民商さんから大きい氷の入ったお茶の差し入れ。ほっと一息。

日本共産党亀崎後援会、緒川後援会からも差し入れと激励をいただきました。

 

 

iine●日本の民主主義は、生き続ける!!この思いを強く持ちました。行進を見て。
●バンザイ!初めて全部歩けた~。平和ドンドンの平子です。22,000歩、いつかチンドン踊りながら通し行進したいな。追伸 無料でチンドン屋の出前しますよ
●30年前の交通事故で足を切断された宮井さんも元気に大府まで行進。
●アーサーさんも太鼓を叩きながらノリノリで♪
●「カットハウスまさお」の奥さん。たくさんの行進に感動し快く署名。マンションからもたくさんの方が手を振って声援していただきました。