知立→刈谷

知立市役所前集会に副市長、議長が歓迎!
刈谷市役所の手前で総務部長が行進に参加!

6月3日(火)
まとめ
●知立市役所→刈谷市コース 12km
●行進参加 180 人 ●沿道募金 23,129 円
●「核兵器全面禁止のアピール」署名 218 筆
IMG_7072
原爆の火とアーサーさんを先頭に

被爆者の高杉さんより激励のあいさつ

被爆者の高杉さんが行進を激励出発集会は、知立市職労杉浦さんの司会で開会。全国通し行進の竹田さん、田中さん、アーサーさん、本日終了するわかやまリレー行進の花室さんがそれぞれあいさつをしました。

歓迎あいさつをした清水副市長さんからは、平和都市宣言、平和首長会議加盟などの経過と共に、今年は原爆パネル展を年3回計画していることが紹介され、職員などが折った折り鶴が手渡されました。
市からは、ペナントと署名の賛同を今年もいただきました。

集会には被爆者であり訴訟原告の高杉さんが参加し、16歳で長崎であった被爆体験と甲状腺機能障害など今も尚、体調不良が続く原爆の恐ろしさを語り、「核のない平和な世界を築こうではありませんか」と力強く呼びかけました。

知立市職員さんたちから折鶴
知立市職員さんたちから折鶴
知立市副市長さんが一緒に行進
知立市副市長さんが一緒に行進

刈谷新婦人の皆さんによる手作りご飯に感謝

IMG_7058恒例となっている豪華なお昼ご飯の差し入れがあり全国、県内の通し行進者一同「美味しい!」の声があちこちから。
炊き込みご飯、そば巻き、サラダ、あさりの味噌汁、デザートなど、野菜不足となる行進の中であたたかい思いやりに感謝、感謝です。

 

 

IMG_7033IMG_7016

豪華お昼ご飯をつくっていただいた刈谷の皆さん
豪華お昼ご飯をつくっていただいた刈谷の皆さん

米軍依佐美跡の周辺を巡り

米海軍依佐美基地跡 鉄塔前にて
午後の行進コースは、米軍通信基地であった依佐美基地跡を巡る、行進参加者の学ぶコースともなっています。

休憩ポイントとなった願行寺や基地跡地であるフローラルガーデンでは、刈谷市平和委員会の串田さんより説明がありました。米軍基地通信鉄塔で遊んでいた秀樹ちゃん(1975年当時小学校2年生)が感電死したことをきっかけに地蔵が建立されたこと、お寺にある梵鐘は基地の廃材アース線などを鋳込し平和の願いを込めたことなどについて願行寺で、また米軍基地撤去を求め人間の鎖をはじめ運動を行い撤去させてきたことなどをフローラルガーデンで話しました。

参加者からは「米軍基地が愛知県にあったことを知らなかった」などの声があがるなど、学びのコースともなりました。

刈谷市の出迎えに感激

刈谷市役所まえから、刈谷市総務部長さんが行進に参加し、ともに核廃絶を訴えました。終結集会は、市役所前の防災公園で行いました。

歓迎のあいさつは、総務部長の浅井さんが市長メッセージ代読を行い、「核廃絶に逆行する状況がある中で非核三原則が重要となっており、平和行進の意義はますます重要となっています。」と激励をいただきました。自治体要請の報告を行った串田さんからは、昨年原爆パネルを購入したこと、また小中学校に活用を呼びかけていることなど、この間の変化を紹介しました。

全国通し行進者の竹田さんからは「自治体から見送られることはあっても出迎えられたのははじめての経験。元気をもらいました」と話しました。

刈谷市総務部長さんが行進に参加
刈谷市総務部長さんが行進に参加