常滑市→東海市

6月10日(月)のまとめ
●常滑市→東海市コース15km 行進参加286名
沿道募金35,103円 「核兵器全面禁止のアピール」署名237筆
●中村→中川コース 行進参加230名

平和ちんどん、うたごえ、作業所あげての参加など知多半島に響く平和の呼びかけ

<知多コース>

全国通し行進の村田さん「今日で38日目。元気に行進してきました。広島、長崎に向けて核兵器なくそうの声を広げたい」。
全国通し行進の村田さん「今日で38日目。元気に行進してきました。広島、長崎に向けて核兵器なくそうの声を広げたい」。

知多半島唯一の行進日である6月10日、常滑市役所から知多市、東海市役所にむかう15㎞の道のりは、途中名鉄電車に乗る特異なコースです。

出発集会では常滑市役所の福祉課長から「お疲れ様です。道中、気をつけて歩いてください」と激励をうけたのち、実行委員会を代表し自治労連の林書記長から「春の自治体キャラバンで核兵器のない世界をめざすとりくみについて要請をしてきました。平和の願いを地域のみなさんと一緒になってとりくむことが重要です。ともにがんばりましょう」と連帯のあいさつをうけて元気に出発しました。

平和チンドンも歩いてアピール!
平和チンドンも歩いてアピール!
西之口公民館で最初の休憩。 お茶、おしぼり、お菓子の差し入れ。公民館の中もお借りして、至れり尽くせりで嬉しいです!
西之口公民館で最初の休憩。
お茶、おしぼり、お菓子の差し入れ。公民館の中もお借りして、至れり尽くせりで嬉しいです!
知多市役所でお昼ごはん。 あったかいごはん、おいしかった!
知多市役所でお昼ごはん。
あったかいごはん、おいしかった!
渡辺知多市副市長が市長のメッセージを代読。
渡辺知多市副市長が市長のメッセージを代読。

列車移動であっという間に昼食地の知多市役所へ。午後の集会では副市長が市長のメッセージを代読しました。

5月23・24日におこなわれた知多地域の自治体要請でも各自治体から協賛金やペナント、署名、広報への掲載などに協力してもらったことが報告され、参加者から大きな拍手が。それぞれの歩みにも力がわいてくるようです。

風は涼しいですが、日差しが強い。
風は涼しいですが、日差しが強い。

のどかな町並みを通り過ぎ、気がついたらゴール地点の東海市役所。集結集会では全国通し行進者の村田さんが「核兵器廃絶が一日でも早く実現するようこれからも力を尽くしたい」と力強いあいさつ。また、県内通し行進者の年金者組合の木下さん、コープあいちの山田さん、平和委員会の松下さん、うたごえの藤山さんが団体を代表してエール交換。
被爆者の筒原さんが駆けつけてくれ、長崎で2歳2ヶ月で被爆した体験と自身の病気を原爆によるものだと認定されなかったことなど、お話いただきました。

集結集会の最後。平和チンドンとうたごえのみなさんのリードで「行進は続くよどこまでも」を合唱。
集結集会の最後。平和チンドンとうたごえのみなさんのリードで「行進は続くよどこまでも」を合唱。
ケーブルテレビの取材も来てました
ケーブルテレビの取材も来てました

午前も午後も比較的短い“知多半島の行進”は、地元ケーブルテレビの取材や平和ちんどんやさんの参加など珍しい光景が多々ありました。

差し入れのスイカや休憩時の冷たいおしぼりなど、そこここに参加者を癒すポイントがあり、体調を崩して休んでいるマラヤさんにも体験してもらいたいコースでした。(龍尾)

<中村~中川コース>

中村公園から行進がスタートしたこのコース。つゆはし作業所の方ややまびこ福祉会の方など、車いすで参加して下さっている方が多くいました。名古屋青年合唱団の方も来られて行進中はうたごえを担当してくれました。

出発集会では作業所の方が作ってくれた歌詞カードが皆に配られました。お店や沿道から手を振ってくれたり、「頑張れ!」と声をかけて下さることが多く、毎年応援されながら歩いているんだなと嬉しく思いました。お昼休憩でコープ中川センターに到着し、コープあいちの組合員の方が作って下さったカレーを頂きました。

お昼の集会が始まり、ひまわりの家の方、なかよしハウスの方が紙芝居をしてくれ、皆でじゃんけんゲームもしました。また、福島での核被害を忘れない為に詩集を出されている岡田忠明さんが詩の朗読をして下さいました。午後からもなんとか天気がもって、無事、荒子公園まで行進することができました。(山口)

いいね!平和行進って 今日の一言

◆東海市を行進中。先導カー(行進の300メートル先を行き、行進が通ることを知らせる車)に事前に配布した封筒を3人も寄せてくれました。「カンパ、署名が入った封筒を渡されたから、嬉しくて何度もありがとうと言ったのよ」と先導カーのアナウンサーさんが興奮気味に話してくれました(小田前)

“核兵器なくそう”の声広げたあいち平和行進
5月31日に静岡から引き継いだあいち平和行進が、今日の岐阜への引継ぎで終わります。
12日間4人の全国通し行進者と20人の県内通し行進者を先頭に、県内368㎞を歩き続けました。どこにもすばらしいドラマがあり、感動と充実感たっぷりの行進でした。
この力を原水爆禁止世界大会につなぎ原爆も原発もない世界を実現しましょう。本当にお疲れ様でした。
あいち平和行進共同連絡会代表 沢田昭二

6月11日(火)のコース

扶桑町役場(8:30-8:50) →コープいぬやま前(10:30-11:05) →各務原市民プール横(引継集会12:10-12:30)