瀬戸市→守山区

6月5日(水)のまとめ
●瀬戸市→守山コース18Km
●行進参加 570人 ●沿道募金 62,854円
●「核兵器全面禁止のアピール」署名 493筆
●たから診療所→泉楽コース ●港北公園→協立病院コース

市民のみなさんと一緒に瀬戸・尾張旭・守山・港・南で「核兵器なくせ」の声ひびく!

太鼓の音で元気にスタート!
太鼓の音で元気にスタート!

がんばって~の声援を励みに瀬戸・尾張旭・守山を歩く

◆梅雨入りしたというのに晴天続きの毎日今日も青空で太陽がまぶしく、でも時折爽やかな風が吹き抜ける行進日和です。9時から瀬戸市役所への要請行動。全国通し行進者の村田さん始め県内通し行進者が2名、地元から3名が参加。
9時半からの出発集会は、新婦人太鼓小組「どんまい鼓」の皆さんによる開幕太鼓で勢いよく始まりました。
開会は県実行委員会より国公の田村さんが挨拶。続いて瀬戸市長のメッセージを秘書課長が代読されました。
地元市会議員さんは共産党の2名の議員さんが参加し激励の挨拶を寄せてくれ、歓迎の挨拶は原発反対のグリーンスマイルの会より頂きました。

今年は地元瀬戸から3名のうち2名が新人と言うこともあり、特別に激励とプレゼントが、他の通し行進者の方々にもプレゼントが手渡されました。次に瀬戸市在住の被爆者の那須さんより挨拶を頂き、加藤錦三さんからはメッセージをいただきました。
最後に、うたごえサークルのリードで「青い空は」と「折鶴」を歌い今日1日頑張るぞ~!と気合いをいれ10時15分に出発しました。
11名の募金隊が瀬戸から尾張旭まで頑張りました。行進は歌を歌いながら、替え歌あり鳴り物ありで楽しく進み、沿道では手を振ってくれる人、署名やカンパをしてくれる人、頑張って~と声援をしてくれる人等々あり、12時に尾張旭市役所に到着。(宇佐見)

行進は瀬戸街道を行く
行進は瀬戸街道を行く
尾張旭市役所でお出迎え
尾張旭市役所でお出迎え

◆尾張旭市の「非核平和都市宣言」に勇気と元気をもらって、午後の行進に出発しました。長い一本道を西へ歩く街道沿いには、家や店の前で署名やカンパ入りの封筒を持って立っている人がそこかしこ
に。中には自転車で駆けつけて渡していく人もいて、地道な努力が実を結ぶ嬉しい光景に疲れも吹き飛ぶ行進団でした。大森東島公園の集会には、野田るみ愛知県会議員が駆けつけ、立場の違いを越えて連帯の挨拶をいただきました。

自衛隊へ申し入れ
自衛隊へ申し入れ

行進の最後、守山自衛隊への申し入れは相変わらず門前での対応でしたが、行進団としての思いをしっかり伝えました。
集結集会では、歴史的な最初の行進からずっと参加している大島良満さん、そして被爆者の方からは、原爆症認定の新しい訴訟についても連帯をという訴えがありました。お待ちかねのパンが届かないというハプニングもありましたが、本日は去年を上回る署名、カンパが集まり、折鶴50羽、事前配布の封筒を73人も渡していただいたと報告があり、盛大な拍手で行進の大成功を喜び合いました。(三浦)

港・南元気に行進!

<港コース>

◆2013年平和行進で、初めて6月5日の港区~協立総合病院までのコースに参加することができました。
障害者・福祉会などのメンバーやみなと医療生協のメンバーら120名くらいが参加し、元気に行進し、協立総合病院庭園で終結集会を開き、病院長や各団体から挨拶や発言があり、全員合唱「折鶴」で、閉会しました。(奥村)

<南コース>

南コース
南コース

◆出発集会は、たから診療所事務長よりあいさつと激励がありました。
参加団体を紹介し、みんなで歌を歌ったあと隊列を組んで行進がスタートしました。作業所の仲間が多く参加し元気あふれる行進となりました。
まとめの集会は、各参加団体の発言希望者から元気よく感想を出してもらい盛り上がりました。歌を歌って楽しい雰囲気の中、終了しました。(コープあいち)

いいね!平和行進って 今日の一言

休憩中に署名とカンパの集約
休憩中に署名とカンパの集約

◆カンパ隊でのできごと。保育園年長と年少の男女のお子さんを連れたお母さんに声をかけました。歓迎されない様子でしたが、年長の男の子が「パパが言ってたよ。核兵器は怖いって」と話すと、背負っていた年少の女の子をおろして署名してくれました。カンパ隊をやっていて良かったと思う瞬間でした(山田)

 

6月6日(木)のコース

津島市役所(9:00-9:30) →愛西市佐織公民館(10:30-11:00) →稲沢市平和支所(昼食休憩12:00-13:00) →稲沢市役所(15:20-15:50) →JR稲沢駅ロータリー(17:00-17:30)) ※全国通し行進者のマラヤ・ファブロスさんが合流します。