豊橋市→蒲郡市、豊川市

6月1日(土)のまとめ
●豊橋→蒲郡&豊川コース 30㎞
●行進参加 300人 ●沿道募金 33,720円
●「核兵器全面禁止のアピール」署名 304筆

豊橋市役所前100人、豊川稲荷公園。海軍工廠慰霊塔前70人。それぞれ出発集会を開催。本日2コース実施

一番長いコースを歌やコールで元気に明るく

曇り空で、行進には最適の朝。豊橋市役所前の出発集会では、被爆者の萬屋さんの挨拶で始まりました。
休日にもかかわらず、市長代理の秘書課長補佐、議会事務局から激励の挨拶に駆けつけてくれました。
豊橋市職労の長坂さん、共産党市議団の斎藤さんが挨拶し、ペナントと折り鶴を通し行進者に贈呈。朝から心のこもった送り出しに元気をもらい100人の行進団が出発しました。

002003

 

豊川コースは、豊川海軍工廠空襲犠牲者の慰霊碑のある豊川稲荷公園から始まりました。平和集会では被爆者団体の豊睦会の脇内輝義さんと豊川市職労の浦野芳生副委員長がともに「憲法96条改正」に触れ、安倍政権の改憲に向けた暴走を糾弾しました。続く出発集会では、県内通し行進者が紹介され、地元からは千羽鶴などを託されました。

40人で出発した行進は小坂井支所で豊橋市役所からのコースと合流し、蒲郡まざしてひたすら歩く、あるく。

大塚公民館の館長さんの差し入れ、イチゴ!
大塚公民館の館長さんの差し入れ、イチゴ!

途中、御津支所では、豊川市の市民オンブズマンの倉橋英樹市議が「原発なくせ」の訴えに共感したと挨拶し、ペナントを購入してくれました。
大塚公民館では、館長のイチゴ(近所の農家からの差し入れで新鮮で美味しくしかもいっぱいで参加者一同大歓声!)などのもてなしに全員撮影のハッピーハプニング。沿道では仕事をしていた労働者がぶっきらぼうにカンパを差し出すという1コマもありました。嬉しい限りです。

この日の終着地点、蒲郡市役所で報告されたカンパ隊の奮闘。小坂井支所で休憩中に声をかけられ、急きょカンパ隊に挑戦した豊川市職労の若い女性の3人組をはじめ、若い人たちの活躍が目立ったカンパ隊でした。

004005

 

Facebookあいち平和行進のページができました。
https://www.facebook.com/aichi.peacemarch 最新情報を発信中!
マラヤさん(広島までの通し行進で、現在ビザ申請の為フィリピンに帰国中)から「あいち平和行進Facebook」にメッセージが届きました。

 

いいね!平和行進って 今日の一言

◆千羽鶴にメッセージ「毎月一ヶづつ折りました。平成19年からです。115羽あります。平成24年5月18日に亡くなりました。101歳。いつも“原爆はなし”と言っていました」
(父・安田寿太郎、子・安田米子)
◆「私の母は豊橋出身で海軍工廠の空襲を体験しています。今日この場所に来ることができて、思いを新たに歩きます」(県内通し清水通雄さんの挨拶より)
◆サイクリングをしている男性に手を降ったら関心を持たれたようで近づいてみえました。お話すると、ますます興味を持たれ、蒲郡市役所の終結集会まで参加されました。
・生協豊川配送センター前で手を振ってくれていた女性5、6人に「一人の100歩より100人の一歩」と言って みんなで10歩、歩いて貰いました
・和歌山生協の湊さん、コープあいちの山田さんが午前中コールデビュー。午後は署名カンパ隊デビュー。湊さんは声もよく通ってアピール抜群。山田さんは楽しい。「私これが合ってるみたい」ですって。(以上、田中)
以上(田中)

 

6月2日(日)のコース

①両町公園(岡崎市役所東庁舎北東側 9:00~9:20 9:30出発)→→白山神社(昼食12:20~13:50)→→安城市役所(15:00)→→コープ安城よこやま(15:40~16:20)

②豊田市駅西マック前→→→豊田市駅参合館前