湖西・西部公民館前広場(静岡)→豊橋市(桜丘高校)

2018あいち平和行進がスタート

5月31日(木)まとめ

●湖西・西部公民館前広場(静岡)→桜丘高校コース 12.6㎞
●行進参加 1,200人以上 ●沿道募金 9,340円
●ヒバクシャ国際署名 81筆 ●折り鶴21,490羽

 

 

全国通し行進1名、和歌山コープリレー1名、県内通し行進者、コープ職員リレー行進を先頭に、核兵器廃絶、安倍9条改憲の声を響かせる。愛友会13人が集会に駆けつける

東京から広島へ!5月6日東京夢の島を出発した平和行進は5月31日、静岡県湖西市で引き継ぎ愛知県に入りました。核兵器廃絶、核戦争阻止、被爆者援護連帯をスローガンに広島に向けて歩みをスタートさせました。

今年の平和行進は、①核兵器禁止条約締結への世論を大きく広げる、②朝鮮半島の非核化へ歴史的な南北会談、③安倍9条改憲ストップの課題を県内隅々へ大きく広げる機会となります。今年も6月11日まで県内を歩き続けます。ご支援ご協力をよろしくお願いします。

引き継ぎ集会で主催者あいさつを行った沢田共同連絡会代表は、歴史的な核兵器禁止条約は現在世界58ヶ国調印、10ヶ国批准まで進みました。さらに前へ進むために平和行進で世論を広げようと呼びかけました。また弾道弾ミサイルと核実験を禁止することを約束した歴史的な南北会談に触れ、非核の朝鮮半島を作るために全力をあげようと呼びかけました。長崎の被爆者で蒲郡市在住の原田さんが被爆体験を語り、ふたたび被爆者をつくるなとの想いを込めて、行進団は豊橋市内に出発しました。

 

 

 

 

 

東海3生協平和集会を開催

引き継ぎ集会に先立ち、あいち、ぎふ、みえのコープが交流集会を開催。

職員や組合員約350人が集まり生協平和集会を行いました。引き継ぎを行った静岡を含め東海地域のコープが大結集しました。

 

「みなさんの姿こそが平和教育!」桜丘高校歓迎集会

本日の集結地点は、全国でも誇るべき桜丘高校で、行進団を迎える歓迎集会を行いました。
バスケやテニス部員をはじめ多くの生徒が行進団を出迎え、和太鼓部による演奏が行われました。

集会では、教職員組合、生徒会、学校からの挨拶を受けて文字通り学校あげての歓迎となりました。

教職員組合松下委員長は、「行進団の皆さんに、毎年お礼を述べられるが、私たちにとっては平和行進そのものが平和教育の実戦であり、生徒にとって平和教育そのものになっています」と行進団にお礼の挨拶を述べました。

 

 

 

 

行進の先頭を歩くのはこの人

 

全国通し行進者 南 友佳子さん

(京都平和委員会)

私は被爆 2 世・3 世でもない京都で生まれ育った人間です。今回応募したのは、昨年の出来事が大きかったからです。昨年、京都府内の通し行進をやらせていただいている時の 7 月 7 日に核兵器禁止条約が国連で採択され、その喜びは私を含めて歩いているみなさんにも大いに励みになりました。核兵器を使うことになった理由は、戦争。誰かの命を脅かすだけでなく、その人の個性も奪われてしまいます。
 

 

 

ビン・ハシム・サリフォディンさん

(フィリピン 通称ベン 愛知を行進)

将来の世代を核に関連する破壊の影響から守ることは私たちの崇高な使命であり共通の責任です。力の及ぶ限り、自分の周りの人々、特にモスリムのマラナウ地域の人々に影響を及ぼせるよう学びたいと思います。日本で起こったことは世界のどこでも起こり得ることです。悲劇を経験した人々の物語は、文化や宗教、国境を超えて次の世代に語り継がなければなりません。私は、広島・長崎への原爆投下、チェルノブイリ事故のメルトダウンとゴーストタウン、日本で起こった津波による原発のメルトダウン、制御不能なほどの高レベル放射能汚染が決して繰り返されないような世界を夢見ています。