静岡県 → 豊橋市(桜丘高校)

2016あいち平和行進がスタート

13332735_829271473845628_2400887547328004972_n

 

5月31日(火)まとめ

●湖西・西部公民館前広場(静岡)→桜丘高校コース 12.6㎞
●行進参加 1,300人以上 ●沿道募金 32,165円
●ヒバクシャ国際署名 217筆 ●折り鶴13,500羽以上

 

 

全国通し行進1名、和歌山コープリレー1名、県内通し行進者20人を先頭に、核兵器廃絶と戦争法廃止の世論を県内隅々に広げようと大奮闘!被爆者10人が駆けつける!

13346422_829271553845620_3813600457251360483_n5月6日広島に向けて東京を出発した平和行進が5月31日静岡県から引継ぎ愛知県へ入り、核兵器廃絶・被爆者援護連帯の声高く、世界大会の成功を目指して歩き始めました。

11時30分、静岡県の平和行進代表団が、引継ぎ集会が行われる湖西市西部公民館前広場に到着し、待ち受けた愛知県代表団と握手を交わすなど、お互いの奮闘を労います。

愛知平和行進を代表してあいさつを行った澤田昭二あいち平和行進共同連絡会代表は、「2015年NPT再検討会議は失敗と言われるが、前進面もあった」として、非人道性の激しい議論の末、その後の国連総会では新たな3本の決議が採択されたことや、禁止条約に向けての作業部会が設置されたことなどをあげました。国内外の世論の広がりの中で、オバマ米大統領の広島訪問が実現し、「被爆者を大きく広げる役割を果たした」と話しました。その上で、「戦争法廃止の大きな世論と、核兵器廃絶の世論を大きく広げる役割が、今年の平和行進にはあります」と激励しました。

また、行進団に対して、新城市長から賛同のメッセージが寄せられ、集会にはコープぎふ、コープみえからの参加、年金者組合豊橋支部やコープあいちより13,500羽以上の折鶴が寄せられました。

 

13344783_829278553844920_4461797235925260164_n 13342875_829271623845613_223377811515749066_n 13336125_829271607178948_3726598542899339755_n

13327347_829271457178963_77133736406170860_n

 

 

 

行進の先頭を歩くのはこの人

13335808_829278580511584_2604816328442274703_n全国通し行進者 山内金久さん(東京・板橋原水協)

70年目の昨年、沖縄を出発し九州を歩きとおしました。

昨日の桜丘高校の歓迎集会は、私を8月4日まで歩くことのできる勇気をもらいました。

今年59年目の平和行進、いま私たちの運動が世界とオバマを動かしてきました。

私は核兵器を廃絶できると思います。

13321652_829278600511582_3221852258908790988_nコープリレー 小林賢一さん(わかやま市民生協)

大阪を14年前に歩きました。核兵器廃絶の世論が広がる中で大チャンス。

19歳と17歳(本日誕生日)の子ども2人を戦争に行かせたくないとの気持ちで頑張ります。

平和な日本でいられるために沿道のみなさんに訴えます。

13327479_829273873845388_2786409444484699020_n13346823_829278457178263_7221678913131942166_n

学校あげての歓迎に参加者一同感動!

本日の終結地点となる桜丘高校では、行進団を迎える歓迎集会が行われました。

ブラスバンド部による「スリーナイン」演奏で大歓迎。夕焼けに照らされる空に、桜丘高校に灯される原爆の火が行進団を迎え入れます。

集会では、「核も基地もない平和な日本を作ろう」「『戦争する国』許さず憲法を守り活かそう」の横断幕を掲げ、教職員、生徒会、校長、部活など学校あげての歓迎に行進参加者一同感動です。挨拶を行った校長補佐は、安保法制を危惧し「平和な日本が子どもたちが大きくなっても守られなければならない」「身体をはって運動されるみなさんを心から歓迎します」と話し行進団を歓迎しました。

最後に沿道募金31,165円、ヒバクシャ国際署名217筆集まったことが報告されました。

13347020_829291377176971_5068376931947372147_n13325524_829291450510297_2202558867593769002_n13327440_829291330510309_1601621891284341593_n

 

 

iine6・二川から桜丘高校まで歩きました。沿道には行進を毎年待っている方がいたりして、様々な出会いがあり、平和について考えが一層深まりました。

・今年は、米国が原子爆弾投下から71年たち米大統領がはじめて広島平和公園に足を運び、「世界の注目」をあびている。必ず核を世界から無くすための運動を広げたい‼

・初めて平和行進に参加しました。こんなに多くの人が同じ目的をもって歩いているというのはとてもすごいことだと思いました。この活動を通して、平和への大切さを意識していかなければと改めて感じました。

・こんなに大勢の方が平和を願い行進することに感動しました。この一員になれて嬉しく思います。

・桜丘のつどいに初めて参加しました。若い人達が平和について関心がある事にうれしく思いました。