6月3日 知立市→刈谷市コース 12㎞

6月3日(日)のまとめ
●知立市→刈谷市コース12㎞
行進参加250人名 沿道募金6900円
「核兵器全面禁止のアピール」署名204 筆

知立市役所前集会 150人参加

副市長も行進 知立選出の県議も 沿道から激励

◆なぜかこの日は雨になるというジンクスを破り、はな曇り。知立市役所前に続々と人が集まりました。
日曜日とあって幼児や小学生を含む家族連れもチラホラ♪9時には6人の要請団が出発。9時半から集会。
挨拶には副市長が「昨年4月に平和市長会議に加盟し、原爆展を年三回開催してきました。核兵器廃絶の声が世界に届き、大きな力を発揮される事を祈念します」。
高橋市会議員、新婦人知立支部長「一歩一歩が大きなうねりとなって日本を変えていくと信じています。私の思いも広島に連れて行ってほしいです」。

愛労連田中副議長、通し行進者の紹介と挨拶、市内小学校からの折り鶴贈呈。可愛い小学生から「これからも頑張ってください」。市長・議長からの署名授受、要請団報告をしました。
知立市・議会・国際交流会議という市民団体・小学生・年金者組合と幅広い人達で感動的な出発集会後、150人の行進団が元気に歩き出しました。
知立団地公園でコープが冷たいお茶・飴・チョコレートの接待。



◆昼食の野田公園では恒例となった串田ファミリーによる豪華な手作りランチ(そば寿司・特大唐揚げ・ひややっこ・きり干し大根の煮物・おにぎり・赤飯・グリンピースご飯・サヤエンドウと厚揚げの煮物・デザートまで)通し行進者一同とても感激し満腹。
西三河青年合唱団の歌唱指導による「心をつなごう」で出発集会が始まり、歓迎挨拶は新婦人刈谷支部の中島さん、通し行進者の紹介と挨拶、沿道募金の結果報告、行進注意後80人で行進出発。
願行寺境内の「受難の像」(1975年冬休みに神戸から祖父の家に来ていた小学2年生の宇藤秀樹君が、依佐美3号鉄塔に触れて感電死し、祖父の発願と東京の彫刻家の協力で地蔵が建立)見学、フローラルガーデンよさみ(1929年に建設された鉄塔と依佐美送信所が、2006年に解体され、超長波用送信装備と関係資料を保存するための記念館)で見学と記念写真。





◆日曜日にもかかわらず、職員が冷たいお茶を用意して待っていてくれ、集会には今年4月に着任したという総務部長の挨拶、市長からのメッセージ代読「核兵器のない世界は人類共通の願いです。しかし戦争・テロ・東日本と厳しい現実。避難・転居している人が34万人を超えている。ともに手を携えて険しい苦難を乗り越えていきましょう。力強く平和行進を続け広島まで無事踏破されることを念じています」。
2011年の平和行進報告集を市長・議長に贈呈、通し行進者からは「この立派な庁舎にふさわしい平和行政を!」と挨拶、募金隊からは、小学生が小遣いから50円カンパしてくれた、広島出身の高齢者が2人で署名をしてくれた、ブラジル人やフィリッピン人が署名してくれたなど、感動の報告。
まとめの挨拶をした民青同盟の都出委員長は「核兵器をなくす願いは、全世界・全世代の願いだと強く実感できた。もっと若者に広げていきたい。みなさんともに頑張りましょう」と若者らしい謙虚で新鮮な挨拶。
最後に全員で“ふるさと”を合唱して終了しました。



―― 一段と緑が濃くなった田園風景も楽しみながら、美味しい食事に胃袋も心も満たされ、一歩一歩を踏みしめ、核兵器なくそうの思いを広げた4日目でした。――




今日の感想

○知立から野田公園まで透き通っ伸びやかな天使のようなうたごえが沿道に響き渡ってアピール抜群!行進メンバーもニコニコ元気いっぱい歩けました。
西三河合唱団のメンバーでいつも優しく美しい声で歌をリードして下さる方のお孫さんとの事 おばあちゃんも幸せそうでした。

○昨年8月にはじめて広島に行きました。広島で、見て感じて来たあとの平和行進は、一歩一歩の重みが違います。「平和をかみしめて歩く」という感じです。涙が出そうでした。
平和行進は何回か参加しているのにこんなことは初めてでした。今日は参加できて良かった!! みんなにこのことを伝えたいです。(K)


6月4日(月)のコース

①半田市役所(8:30~9:00)→JR亀崎駅(電車で移動11:12発)→JR東浦駅(11:16着)→東浦町勤労福祉会館(12:30~13:30昼食)→東浦町役場(13:40)→→→大府市役所(15:50~16:20)

②中村公園(9:45集合)→→→コープ中川センター→→→荒子公園(14:30)