6月2日 岡崎市→安城市コース 14km

今日から西三河地域!

日照りでもなく雨でもなく風が爽やかな平和行進日和!「核兵器なくそう」の声響く

6月2日(土)のまとめ
●岡崎市→安城市コース14㎞ 行進参加271人名
 沿道募金17506円  「核兵器全面禁止のアピール」署名218筆
●豊田市コース 4㎞ 行進参加90人名 沿道募金2500円
「核兵器全面禁止のアピール」署名15筆

☆一番長いコースを元気に明るく行進

◆拍手に包まれて岡崎市役所への6人の要請団が表敬訪問。
岡崎両町公園では、久々の再会に歓声があがり、原水協の店が出て、次々とのぼり旗が並び集会準備。



◆9時「おはようございます」と爽やかに開会。
地元実行委員会を代表して、三浦さんの挨拶「岡崎市は平和市長会議に加盟してくれたから期待したのにがっかり!国連事務総長の核兵器のない世界が見えているの言葉どおり、私たちの運動で核兵器廃絶を実現しましょう」。
県平和委員会高橋理事長、全国・県通し行進者挨拶、参加者の団体紹介(新婦人と民商がとても元気!)

◆表敬訪問報告(3年前に組写真1組2,000円で購入してくれ、2年前に市長会議加盟、しかし今年はパネルなどすべて予算がないからとダメ、今後もっと働きかけていかなければと思った)



◆行進注意連絡後170人の行進団が元気に出発。
途中の神社でコープあいち岡崎の方達からウーロン茶・ミニカップゼリー・飴の接待。
次の白山神社では、まとめの集会後、生協販売のパン・おにぎりと、事務局が準備したお総菜で満腹。
安城市での出発集会をして、101人の行進団が出発。途中飛び入りが3組も!「お父さんに誘われて」とか「新婦人の小組で知って」「原発は絶対にイヤだから」などと3~5歳の子ども連れのお母さん達で和やかに行進。









◆安城市役所前での集会では、昨年は副市長が行進に参加したが、今年は市長メッセージのみでがっかりと要請団報告、ペナント授受、通し行進者挨拶。
少し歩いて行ったコープ安城よこやまでは、毎年楽しみなソーメン・豚汁・手作りケーキ・イチゴなどの接待に大感激!通し行進者や募金隊、南生協病院の参加者から3分間スピーチ。
その後18人が豊田市駅前に移動。


◆18時から豊田集会。豊田加茂労連議長、みよし9条の会代表、新婦人豊田支部事務局長・青年代表・根本みはる市議からの挨拶後「折り鶴」を歌い、豊田の繁華街を、とても賑やかしく若々しいピースコールで、全国でも珍しい夜の行進。




――自治体の変化に対して、西岡代表の「我々がいっそう頑張る状況をつくりだしてくれたんだ!」という言葉に、私たちの運動の積極性・楽天性を再発見することができた3日目でした。


西三河の幹線コースで歩かない自治体にも表敬訪問

5/30 碧南市、高浜市、みよし市、豊田市(豊田市は幹線コース)を訪問。
碧南市と高浜市では市議会議長がペナントにサインをして協賛金協力。
みよし市では、ペナントもアピール署名にも、市長が「みよし市長」の肩書きでサインをしてくれました。
平和行進と自治体訪問の努力が「遅れた三河地域」に確実に変化をつくっていることが確信できるできごとでした。


今日の感想

○歌声とコールの人が疲れているので代わって欲しいと、担当のFさん。隊列を見渡して自治労連の旗を持っている青年に声をかけてみたら引き受けてくれた。戸惑いもあったようだけどだんだん慣れて声も良く通りわかりやすい!昼食休憩後マイクを握った彼は突然憲法9条を朗読したのです。まるで歌手のきたがわてつのように!(県内通し行進者・NT)

○12年位前になりますが、地域の69行動で、署名の訴えをしていた時、年配の男の人が署名をしてくれました。その時に「自分は被爆者だ。戦争がおきたら自分が真っ先に行って死んでやる。どうせ死ぬんだから」と投げやりな、でも切なそうな言葉が今でも忘れられません。平和行進を歩くたびにあの時の事が蘇ってきます。被爆者の皆さんに寄り添ってお手伝い出来ればと思いながら今年も歩いています。(横江)


6月3日(日)のコース

①知立市役所(9:30~9:50)→→→→→野田公園(昼食12:30~13:50)→→→→フローラルガーデンよさみ→→→刈谷市役所(16:45~17:10)